TEL:+84 432 123 450

営業時間: 10:00~19:00 平日

私は日本で大手監査法人に入所しましたが、会計士としての知識以外にもっと広い世界を知りたいとベトナムの日系最大手の会計事務所に転職しました。ハノイ事務所の代表として市場調査、税務手続き、進出支援など100社以上の現地日系企業へコンサルティングを行って来ました。5年間、アジアの成長を肌で感じ、会計士としての知識に経験、人脈もプラスされてより現実味のあるコンサルティングができるようになりました。現在は独立し別の事業をしていますが、大手企業から他では相談出来ないような複雑な案件や、経営上の判断など個人的に相談を受けることも多いです。

日系企業の海外進出の悩み

ベトナムのような社会主義の国では外国資本に対する参入障壁があり手続きが長期化したり煩雑化したりしているのはもちろんですが、現地に作った子会社の管理にも悩んでいます。日本で営業や製造現場にいた担当者クラスの社員が、いきなり現地社長や管理職として経理や法律の知識を求められ、かつ、一緒に仕事をする現地スタッフは言葉や文化の違いから思うように仕事をしてもらえない。日本本社も、管理したいと色々指示を出したりわざわざ出張して指導したりしますが、転職や産休が当たり前で人の入れ替わりが激しいので、誰かスタッフがいなくなると業務がまわらなくなることばしばしば。日本人は全員、現地スタッフへの督促やフォローに時間を費やして、営業や生産コスト削減などの本来すべき業務に集中できせん。現地スタッフしか把握していない業務も多く、不正が発覚した会社もあります。会社としても収益があがりませんし、社員も疲れてしまいます。

それでも、海外だから大変でもしょうがないから、自分たちが頑張るしかないと日本本社も駐在員も耐えている状態です。

ベトナムでの経験

私自身も同じでした。最初は新しい環境で新しい仕事を任せられて刺激的でしたが、次第に毎日どうなっていたかというと、「まだできないの?」「また間違えたの?」をベトナム人スタッフに繰り返し、彼らのフォローに追われるようになっていきました。頼んでもやってくれないし、遅れても報告はありません。中には経験も能力もあるスタッフもいましたが、彼らは「自分だけがこの仕事を知っている」ということが美徳なので、部下への指導や引継ぎなどしてくれません。それならばと、スタッフへ研修をしたり、タスクリストやチェックリストを使って業務フローを作ってみたりしましたが、結局転職したり、作っても運用されなかったりと空回りでした。
毎日スタッフに怒ってばかりでコンサルティングの本業に裂く時間を削られて、毎日疲れていましたね。顧客である日系企業からも、同じ悩みを聞いては愚痴を言う毎日でした。

多くの企業の方から、業務がまわらないしスタッフの働きがイマイチだから、良い人材を紹介してほしいと言われることも多くありました。ただ、日本と違って転職が当たり前の国が多いですし、産休を取る人数も多いので、優秀な人を雇ってもその人がいなくなって業務が回らなくなるので、根本的な解決にはなりません。

スタッフに対して日本人管理職が自ら指導したり、日本で研修をしたりする会社もありましたが、やはり人の入れ替わりが激しい文化なので定着しません。

私はコンサルタントとして、業務の仕組み作りやタスク一覧などを作成することを自社でも顧客でも実施しましたが、作っても使われないままで意味がありませんでした。

根本解決への強い決意

何か根本的に解決する策は無いか、必死で考えました。人に頼るのはダメ、仕組みは作っても運用されなければダメ、それを両方補うモノはないか・・・・そんな時、巷では「業務効率化」を唄ったグループウェアが流行していたのでいろいろなシステムを調べてみました。どれも機能が多く便利ですが、人の経験や知識・仕組みをうまく使っていくことはできませんでした。しかし、システム上で一元管理できてクラウドを使っていつでもどこでも誰でも編集・閲覧できる点は海外子会社管理にも有用です。これをベースにより良いものを作れないかと考えました。

自分が、また多くの海外管理をしている会社が求めているものは世間にはない、しかし、アジアへの進出が急速に進む現代での需要は多いことを目の当たりにしてきた私は、これまでの経験や知識を最大限反映した解決策を実施できないかと考えました。ベトナムでの会計事務所での仕事は安定していましたが、社会に必要とされるものを作りたい、自分自身も、周りの人も活き活きと働いて競争力のある日本の会社の力を世界に見せつけたい気持ちが日増しに強くなりました。無いなら、自分で作ってしまえばよい、作って、解決のためのコンサルは自分やこれまでの人脈から実体験を活かしたコンサルができる・・・・・私が起業を決意した瞬間でした。

Knowledge Boxの意義

Knowledge Boxは単なる便利なツールではありません。
多くの海外子会社管理で悩んでいる人たちの思いを汲んだシステムです。
「海外子会社をもっと効率的、効果的にしたい」その目的のためだけに開発しました。
Knowledge Boxの特徴は、「いつでもどこでも」「業務を見える化」「社内業務ナレッジの蓄積」ができることです。
海外子会社の経営は難しいことも多々あります。日々多く従業員、駐在員、本社担当者が努力をしています。このような努力を垂れ流しにするのではなく、努力とノウハウを結晶し、成果につなげるのがKnowledge Boxです。

おわりに

我々の企業理念は「社会に不便があり、だれかがそれを解決しなければいけないのであれば自らする、ITを使って多くの人々に」というものです。

今後は海外子会社の管理の不便に対して「仕組み作り」「人材育成」をテーマに様々なソリューションを提供していく予定です。

海外子会社管理についてお悩みがあればすぐご連絡ください。

会社概要

社名 株式会社マナボックス
住所 〒184-0015 東京都 小金井市貫井北町3-11-28
設立 2014年7月
代表取締役 永井義直
事業内容 ①クラウド式業務標準化プラットフォーム「Knowledge Box」の開発運営

②グローバル経営管理コンサルティング、業務標準化、しくみ作りコンサルティング
・経理業務標準化、決算早期化
・法令手続の標準化、スケジュール化
・税務リスクマネジメントチェックリスト作成
・内部統制の構築
・本社向け業務監査、リスクマネジメント構築
・海外事業部構築支援

③アジアビジネス人材育成プロジェクト
・ベトナム経理実務テスト「kip」の開発運営
子会社 Manabox Vietnam Co., Ltd.
7th Floor, 3D center tower, no 3 Duy Tan, Dich Vong Hau ward, Cau Giay District, Ha Noi
Telephone:+84 2432 123 450
お問い合わせ先 メール:info@manabox.co.jp